忍者ブログ
高校の教員になりたい。そのためには、勉強が必要だ。勉強は、目標を立て、実行し、成果を記録し、というPDCAサイクルが必要だと思う。メモはオンラインで付ければどこからでも確認できる。画像などを記事単位で統合的に扱えるブログは手軽で、手頃である。よって、私はブログを利用するのだ。
[15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5
Posted by - 2017.04.28,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by enoz.jp - 2011.06.18,Sat
 前半は、確かによかった。まとめとしての3回目。でも、後半はLHR。なるほど、確かにそうだ。だとすれば、あの授業の一番の欠点は、時間が無駄に使われたこと。それは分かった。じゃあ、時間が無駄になっていたこと以外を評価しようじゃないか。明白な事実は、もう議論する必要はない。

内容はどうだったか。よかったと思う。でも、その内容自体も、ちょっと時間をかけすぎだったかなと思った。2回で充分だと思った。クラスの理解の度合いに合わせて授業スピードを考えるなら、なおさらもうちょっと早くても大丈夫だったはずだ。

取り扱った範囲はよかった。知識として得られた内容は薄かったかもしれないが、知識は後からでも付く。大事なのは、考える態度を養うことだ。あの授業では、生徒が自発的に考える機会が多く設けられていた。そこでは、考える理由を生徒が理解できるように工夫されていたので、生徒は真剣に話し合いを重ねていた。その結果、内容はもとより、その考えなければいけない理由というものを生徒たちがきちんと理解し、覚えることができていたのだ。

LHR部分を除いて総評すると、時間配分や内容の薄さは悪かったが、教材の選び方、伝え方、伝えた内容、生徒のアクティビティはとてもよかったと言えるはず。実習生の段階では技術的にうまく行くわけがないのだから、指摘はするとしても、それを批判するのはおかしい。逆に、授業を行った者も強い考えのもとに動いたのだから、賛成意見も批判意見も全部受けとめるべき。

ちなみに、絶対評価であれば5段階で2くらいになるかもしれないが、あの学校で相対評価をしたら断然トップで5になることは卒業生かつ教育実習生である私が断言できる。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[07/09 enoz.jp]
[07/05 VX]
[05/31 enoz.jp]
[05/29 VX]
[05/03 enoz.jp]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
enoz.jp
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]