忍者ブログ
高校の教員になりたい。そのためには、勉強が必要だ。勉強は、目標を立て、実行し、成果を記録し、というPDCAサイクルが必要だと思う。メモはオンラインで付ければどこからでも確認できる。画像などを記事単位で統合的に扱えるブログは手軽で、手頃である。よって、私はブログを利用するのだ。
[1] [2] [3
Posted by - 2017.12.15,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by enoz.jp - 2011.08.26,Fri
2011年08月19日、神奈川県立神奈川総合産業高校にて、高等学校情報科の教員採用試験2次試験を受験してきた。

内容はご存じの通り、模擬授業、自己評価、集団討論、個人面接だ。

ここでは簡単に自己評価をまとめておく。

模擬授業: あの時点でやれたことはやったつもり。受験者受けが良かった。改良の余地が大きかったのが悔しい。
自己評価: 緊張からややしどろもどろ。言う予定だったことは全部言えた。
集団討論: 話の軸が定まらなかった。
個人面接: しどろもどろ。力を入れるタイミング、受け答えの内容で失敗したと思う。反省点多し。

本2次試験についてはそこそこ詳細なレポートを書いたので、私と直接かかわりのある方でまだもらっていないという方は、ご一報ください。
PR
Posted by enoz.jp - 2011.07.25,Mon
7月3日に受験した「2011年度実施 神奈川県・相模原市教員採用試験」の1次試験。

結果は、合格。

一般選考でのボーダーは

一般教養・教職専門試験と教科専門試験の得点の合計が108点以上(満点200点)

で、基準点がどちらも30点とのこと。

よかった。受かっていて本当によかった。正直、「1次は通って当然」という周りからの応援はプレッシャーでした(笑)。

Posted by enoz.jp - 2011.07.05,Tue
「2011年度実施 神奈川県・相模原市教員採用試験」の1次試験を受験した。

校種: 高等学校
教科: 情報
選考: 一般選考

試験内容: 一般・教職教養、専門教養

正答速報のWikiを参考に、自己採点を行った。
[参考] 2011年度実施 神奈川県・相模原市教員採用試験 Wiki

結果は以下の通りである。

  正解数 問題数 正解率
一般教養 24 30 80% 74%
81%
教職教養 13 20 65%
専門教養 22 25 88% 88%

自己評価
一般教養: 例年より簡単な問題が多かった。
教職教養: あれだけやったのに。教育実習中にきれいに忘れ去られた。
専門教養: 始めの7問が奇跡の全問正解。他は実力だ!(ぇ

これで1次が通るといいのですが、ボーダーがおそらく人数で決まるので、なんともいえないところが嫌。とりあえず2次の対策を進めようとは思う。でも、今週は遊ぶw。

Posted by enoz.jp - 2011.07.05,Tue
教育実習中にこんな事を書いた。
公開研究授業
いま改めて見てみて、こんなことを書いてたのかーという印象。

何人かの方から反応をいただいて、誤解があったことに気づいたのでここで弁明しておくことにする。
これは、私の公開研究授業のことではなく、他の実習生の公開研究授業のことだ。

また、「あの学校で相対評価をしたら断然トップで5」と書いたがこれは言い過ぎで、その後いろいろな先生の授業を見学させていただいたいまは、5まではいかないなと思っている。でも、3、4くらいはかたいと思う。

Posted by enoz.jp - 2011.06.18,Sat
 現在の情報科教員たちをWin/Mac型とLinux型に分けるとすると、分布もOSのそれと同じような感じになる気がする。文房具の使い方を教えるだけのWin/Mac型教員が大半を占め、教科「情報」で教えるべき「仕組み」を教えているLinux型教員は限られる現状。

成長のない教員――いや、教員に限らないかもしれないが――は何が悪いのだろうか。何も悪くない。彼らはただ、働いて、給料をもらっているにすぎないのだ。しかし、成長を続ける教員は違う。彼らは、生徒を第一に考えて学びを続ける。Linux型の教員たちはオープンソースなので、自分の教材研究の成果をみんなと共有できる。学会や勉強会に積極的に参加、披露して、批判を受けて、喜んで帰ってくる。他の参加者はいいところを盗み、自分のものとする。一人の教員の努力が、全国の生徒に還元される。Linux型教員にはそんな魅力がある。

自分はどちら側の人間だろうか。また、自分の周りの教員たちはどちら側の人間だろうか。私はこの教育実習を通じて、少しでも多くのことを学びとり、少しでも多くのことを残せていけたらと思っている。私の高校は鎖国時代真っただ中なので、劣悪な環境で学ぶ生徒や高い学費を払う保護者のためにも、早く開国することを願ってやまない。

年功序列制度もよくない。能力のある教員が一番下の立場にいる。年の功で上にいる人たちは、それぞれ自分の得意な事務や生活指導に専念して、授業や環境の管理は若い能力のある教員に任せるべきだ。サーバー/クライアントって知ってますか? ワークステーションって言葉、聞いたことありますか?
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[07/09 enoz.jp]
[07/05 VX]
[05/31 enoz.jp]
[05/29 VX]
[05/03 enoz.jp]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
enoz.jp
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]